2019年4月、エイズ学研究センターは、鹿児島大学難治ウイルス病態制御研究センターと統合し『ヒトレトロウイルス学共同研究センター』となりました

最新情報

 

2019年  8月   IL-34に関する研究がClinical & Translational Immunologyに掲載されました

 

2019年  8月   第20回熊本エイズセミナーの詳細をアップロードしました

 

2019年  5月        研究室が、国際先端医学研究拠点施設からヒトレトロウイルス学研究棟

        に移転しました  

 

2019年  4月           Hesham Nasser さんがポスドクとして研究室に加わりました

 

2019年  4月           Enas Elkhateeb さんがポスドクとして研究室に加わりました

 

2019年  4月          熊本大学エイズ学研究センターは、鹿児島大学難治ウイルス病態制御研究センター

        と統合し、ヒトレトロウイルス学共同センターとして生まれ変わりました

        この統合に伴い、鈴プロジェクト研究室は、感染・造血分野と名称を変更しました

 

2018年11月          11月6日~7日、熊本県民交流館パレアで開催された「第19回熊本エイズセミナー」

        において研究室のPartho Adhikary さんがベストポスター賞を受賞しました

 

2018年10月          マレーシアからAzrah Arifffinさんが2ヶ月のインターンシップとして加わりました

 

2018年10月          ApoEに関する研究がPLoS Pathogensに採択されました

鈴 伸也

SUZU SHINYA

 

 

ヒトレトロウイルス共同研究センター

熊本キャンパス長

感染・造血分野 教授

〒860-0967

​熊本市中央区本荘2-2-1

​ヒトレトロウイルス学研究棟

​※研究室の場所が変わりました

研究室の論文発表

  1. Maekawa T, Kato S, Kawamura T, Takada K, Sone T, Ogata H, Saito K, Izumi T, Nagao S, Takano K, Okada Y, Tachi N, Teramoto M, Horiuchi T, Hikota-Saga R, Endo-Umeda K, Uno S, Osawa Y, Kobayashi A, Kobayashi S, Sato K, Hashimoto M, Suzu S, Usuki K, Morishita S, Araki M, Makishima M, Komatsu N, Kimura F.  Increased SLAMF7high monocytes in myelofibrosis patients harboring JAK2V617F provide a therapeutic target of elotuzumab.Blood, 2019

  2. Noyori O, Komohara Y, Nasser H, Hiyoshi M, Ma C, Pan C, Carreras J, Nakamura N, Sato A, Ando K, Okuno Y, Nosaka K, Matsuoka M, Suzu S. Expression of IL-34 correlates with macrophage infiltration and prognosis of diffuse large B-cell lymphoma. Clinical & Translational Immunology 8 (8): e1074, 2019.

  3. Siddiqui R, Suzu S*, Ueno M, Nasser H, Koba R, Bhuyan F, Noyori O, Hamidi S, Sheng G, Yasuda-Inoue M, Hishiki T, Sukegawa S, Miyagi E, Strebel K, Matsushita S, Shimotohno K, Ariumi Y*. Apolipoprotein E is an HIV-1-inducible inhibitor of viral production and infectivity in macrophages. PLoS Pathogens, in press

  4. Maekawa T*, Osawa Y, Izumi T, Nagao S, Takano K, Okada Y, Tachi N, Teramoto M, Kawamura T, Horiuchi T, Saga R, Kato S, Yamamura T, Watanabe J, Kobayashi A, Kobayashi S, Sato K, Hashimoto M, Suzu S, Kimura F. Myeloproliferative leukemia protein activation directly induces fibrocyte differentiation to cause myelofibrosis. Leukemia 31: 2709-2716, 2017

  5. Hashimoto M, Bhuyan F, Hiyoshi M, Noyori O, Nasser H, Miyazaki M, Saito T, Kondoh Y, Osada H, Kimura S, Hase K, Ohno H, Suzu S*. Potential role of the formation of tunneling nanotubes in HIV-1 spread in macrophages. The Journal of Immunology 196: 1832-1841, 2016

  6. Hashimoto M, Nasser H, Bhuyan F, Kuse N, Satou Y, Harada S, Yoshimura K, Sakuragi J, Monde K, Maeda Y, Welbourn S, Strebel K, Abd El-Wahab EW, Miyazaki M, Hattori S, Chutiwitoonchai N, Hiyoshi M, Oka S, Takiguchi M*, Suzu S*. Fibrocytes differ from macrophages but can be infected with HIV-1. The Journal of Immunology 195: 4341-4350, 2015

ヒトボタン.jpg
ircms.jpg

© 2023 by Kant & Rider. Proudly created with Wix.com

  • Facebook Clean
  • Twitter Clean
  • LinkedIn Clean
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now